導入事例(一部抜粋)

株式会社シーテック 様

株式会社シーテック

ECO Meeting 企業

ECO Meeting は会議システムとして扱い易いだけでなく、会議資料に対するセキュリティや情報管理もしっかりと考えられていると思います。

会議資料からの情報漏洩やリスクに対する情報管理が必要と判断。

当時、経営会議で情報漏洩やリスク管理が話題となり、会議資料に対する情報管理強化が必要だと判断されました。
一方で、グループ企業内他社では既に、タブレットを利用した資料配布を実践しており、当社でも会議をペーパーレス化する事で効率的に情報管理を行えるのではないかと考えていました。展示会での視察など本製品の情報を重点的に収集しつつ、他製品も含めて比較検討を行いました。
当社が既に導入しているTV会議用iPad端末との親和性も重要な検討項目の一つでした。

システムは、スペックや価格で判断せず、実際に使ってみて感触を確かめることが肝要。

前向きに検討を進めていましたが、当初はスペック・価格共に他の選択肢も多くなかなか決定に至りませんでした。
そんな中、展示会後すぐに連絡を頂戴していたエステック殿から、実際の会議で試用してみてはとの提案をいただき、経営会議で使ってみることにしました。
試行に参加した役員からの「シンプルで使いやすい」との感触、また「メモ機能や付箋機能、プレゼンテーション機能」も好評だった事などが決め手となり、本製品を導入する事になりました。
現在、「経営戦略会議」「取締役会」「計画審議会」で本製品を使用しており、年間で2万枚程度の紙の削減を見込んでおります。

紙の資料では、配布後の扱いにセキュリティ上の不安があった。

ECO Meetingは資料を電子データのまま扱うため、多くのメリットがあります。
まずは、会議資料に対する情報管理のセキュリティが向上しました。紙資料では配布後の保管・管理状況を把握する事に限界がありましたが、今回のシステムで利用者権限を設定し責任を明確にすることで管理が徹底できました。
コスト面では、紙や印刷の削減効果はもちろんの事、経費削減の効果も出ています。従前は、各部門担当者に会議資料の印刷や準備を依頼していましたが、本製品ではPDFのまま資料をアップロードするだけなので、その分の手間や時間等が削減できていると思います。

iPadの特性やシステムの活用に合わせて利用者のスキル向上を感じています。

これまで、会議資料はA3モノクロで作成していましたが、A4カラーで作成するようになり、より分かりやすく見易い資料が、要点を絞って作成されるようになりました。会議中もマーカーや付箋機能を使って発表内容やトピックスを書き留めているようです。
経営会議構成員には、iPad Pro(12 inch)を配布しており、画面が大きく、A3の図面等でも見易いと好評です。
現在は、上層部の会議にだけECO Meetingを使用しておりますが、今後はiPadの台数を増やし全社でペーパーレス会議を推進していきたいと考えています。

株式会社シーテック様 概要

企業名 株式会社シーテック
業種 建設業
所在地 名古屋市瑞穂区
設立 1962年
WEBサイト http://www.ctechcorp.co.jp/

お問い合わせ

本記事に関する質問・お問合わせは、下記までご連絡ください。

フォームによるお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

大阪本社 TEL:06-6339-1151 / FAX:06-6339-1155
東京営業所 TEL:03-5846-1777 / FAX:03-5846-1775
  • エステック
  • 無線LAN環境調査サービス
  • SwiftPOST
  • NEXT serve
  • Eco Meeting
  • Eco Meeting Cloud
  • Eco Meeting 4U
  • Eco Learning