導入事例(一部抜粋)

京都府立医科大学 様

京都府立医科大学 京都府立医科大学

ECO Meeting 文教

本学の情報化推進の一つとして、iPadの活用を考えていました。その活用策の一つとして、ペーパレス会議システム「ECO Meeting™」を導入しました。

スマートデバイス導入の流れからペーパーレス会議システムを探していた

本学でもスマートデバイスを活用出来ないかと検討していた事と、学内や病院内で独自にインフラネットワークが構築されてた事、ディーラーのサポートも十分にいただける事などからiPadの導入に踏み切りました。あと、医学関係者にはApple製品を利用される方が多いので、先生方の機器に対する抵抗感も少ない事もiPadを選んだ理由でもあります。その上で、アナログ部分のデジタル化、高度情報化という流れから、ペーパーレス会議を検討した所ECO Meeting™をおすすめ頂きました。
既に他大学への導入実績がある事、使い勝手の良さもあり、高度情報化をより一歩進めるために導入を前提に話を進めていきました。

ECO Meetingの導入は、予想以上の好評をいただいております

実際の導入に当たっては、ECO Meeting™の機能を本学や病院での会議にどのように活用すべきかをシミュレートし、その結果を基にして会議毎に工夫をする形で進めてきました。今まで会議資料はカラーで作成されていても印刷コスト削減の為、モノクロで印刷して会議を行っておりました。ECO Meeting™ではデジタルデータのまま扱えるので、資料が持つ資源を最大限に生かすことができ、iPadでの閲覧を前提とした工夫をするなど、ワークフローの変化や新しい事に取り組む意識が見られます。
ECO MeetingTMの導入は、予想以上の好評をいただいております。会議資料を後日にも参照出来る事や、プレゼンテーション機能を使用する事で説明者に合わせて自動でページがめくられポイントが明確になり、会議の運営や仕事に対して良い効果を生み出しています。

省エネルギー化対策の推進

本学の運営には多くのエネルギーや資源を使用します。会議のペーパーレス化により、紙資源や印刷に必要なインク等の資源の削減だけではなく、作成にかかる時間や人件費などのコストの削減、それに伴うエネルギー等の削減等も進めていけると考えております。
実際に導入してから、十数名の小規模の会議から100名近くの会議まで順次運用が始まり、会議によっては10,000枚程度の紙資源が削減されるなど、省エネにも大きな効果が出てきていると言えると思います。

大学運営や病院運営にiPadを活用したいと考えております

今回、本学としては初めてのスマートデバイス導入になりますが、ペーパーレス化は足がかりでスマートデバイスそのものを活用する事が目的であると考えています。
大学は企業と違い様々なものにチャレンジしやすい環境があります。高い携帯性と容易な操作が特徴であるスマートデバイスを、より多くの場面でどのように活用して行くかが次の課題だと思っております。
京都府立医科大学としては、教育・研究・診療の中で、効果的・効率的な運用を考え、既存のネットワーク資源を活用しながら、スマートデバイスをどう取り入ていくかを模索しております。これからの大学や病院の情報化を推進する一つの要素として、教育・医療・業務の3本柱に、これからも大いにチャレンジをしていきたいと思っております。

京都府立医科大学様 概要

企業名 京都府立医科大学
業種
所在地 京都市上京区
設立 1921年
WEBサイト http://www.kpu-m.ac.jp

お問い合わせ

本記事に関する質問・お問合わせは、下記までご連絡ください。

フォームによるお問い合わせ

電話・FAXでのお問い合わせ

大阪本社 TEL:06-6339-1151 / FAX:06-6339-1155
東京営業所 TEL:03-5846-1777 / FAX:03-5846-1775
  • エステック
  • 無線LAN環境調査サービス
  • SwiftPOST
  • NEXT serve
  • Eco Meeting
  • Eco Meeting Cloud
  • Eco Meeting 4U
  • Eco Learning